スクール紹介:システム

生徒の目的・ニーズに応じたスクール体制

Kバレエスクールは現在、小石川校のみオーディション制を採用しており、将来プロのダンサーを目指す生徒がレッスンを行っています。 一方、小石川校以外のスクールでは随時入会を受付しており、プロのダンサーを目指す生徒は勿論のこと、情操教育の一環としてのバレエまで幅広い目的・ニーズに対応しています。また、スタジオ間の編入制度もありますので、目的・ニーズの変化にも対応可能です。

レベルに合わせたクラス設定と一貫したカリキュラム設定

全校において、生徒のレベルに合わせクラス分けを細分化し、きめ細かい対応を図っています。Kバレエスクールでは担任制度を基本に1年間のカリキュラムを設定し、 アセスメント(テスト)をUpperクラス以上で実施しています。また、熊川哲也が自らの経験をもとに考案した教育メニューである「シラバス」も作られていますので、全校における一貫したバレエ教育が行われています。

Syllabus(シラバス):Kバレエカンパニー芸術監督熊川哲也が自身の経験を基にバレエに必要な要素と技術を習得するべく、年齢、レベル毎にアンシェヌマンとして設定したKバレエスクールの教育メニュー。

プロフェッショナルユースにも対応する充実のレッスン環境

Kバレエスクールは全てのスタジオでプロフェッショナルダンサーのリハーサルにも対応するスタジオを完備。全てのスタジオの床はバレエ用に 設計された構造・素材を使用しているため、生徒の成長にあたり、身体的な負担も軽減させ、より一層レッスンに集中できる最高の環境を整えています。



熊川哲也 特別クラス「T.Kセレクト」

この特別クラス「T.Kセレクト」は、K-BALLET SCHOOL各校の生徒の中から、次世代の才能に更なる飛躍を求め、主宰である熊川哲也本人自らが直接指導をする特別クラスです。
そのサポートにはこの度、K-BALLET SCHOOL新校長に就任したK-BALLET COMPANYプリンシパルの荒井祐子を始め、溝下司朗最高顧問など、K-BALLETが誇る日本バレエ界のスペシャリストが、バレエ教育の発展に全精力で臨みます。

※この特別クラスはK-BALLET SCHOOLが、バレエ芸術の継承者を育成する使命のもとに行うもので、特別な費用の負担はありません。



Kバレエスクールの教師の多くはKバレエカンパニーで活躍している、活躍していたバレエスタッフ・バレエダンサーです。Kバレエスクールでは、 それらの豊富なバレエ経験だけにとどまらず、「Teachers Training Course(T.T.C.)」のカリキュラムを修了した者が教師になっています。Kバレエスクール では、ダンサーの誰もが教師になれるわけではなく、しっかりとした研修を受け、教師試験に合格した者だけが教育にあたっています。 現在、プリンシパルダンサーをはじめ現役のダンサーも教えにあたっていますが、勿論、T.T.C.を修了しています。



全クラスピアノの生演奏によるレッスン

Kバレエスクールのレッスンは全てピアニストによる生演奏で行われています。最年少(4才)クラスからピアノ演奏にふれることにより、活きたリズム感や音感が身に付くだけでなく、感じ取る心や創造する喜びが自然に養われ、心豊かな人間形成の基礎をつくります。 また、一流音楽大学を卒業したピアニストが奏る繊細で豊かな音楽は、ダンサーとして不可欠である表現力や個性を伸ばす上でも大きな役割を果たします。 バレエ教師同様、バレエピアニストも特殊な技能を要するため、独自のカリキュラムPianist Training Course(P.T.C)を体系化し、 技術向上のための研究や教育にも積極的に取り組んでいます。
※エンジェルクラスをのぞく

K-BALLET COMPANY 43名
K-BALLET GROUP 2名
Other Company 11名
カナダ・ロイヤル・アルバータバレエ/ アメリカ コロンビアバレエシアター /ポーランド国立バレエ団 /ウィーン国立歌劇場バレエ団 /東京バレエ団 /NBAバレエ団 /東京シティバレエ団 /スターダンサーズバレエ団、他

SCHOOL

システム

TKセレクト

TTC

卒業生の進路

カリキュラム

料金

Q&A